梅雨~夏の時期に向いた除湿機とは?選び方のポイントを紹介

New

今年もジメジメする梅雨が近づいてきました。この時期に活躍する家電といえば、湿気を取り除いてくれる除湿機ですよね。最近はさまざまな除湿機が発売されているので、どれを買えばいいのか迷ってしまう方も多いと思われます。では、梅雨~夏に使う場合は、どのようなタイプの除湿機が適しているのでしょうか。


除湿機には大きく分けて、空気中の水分を冷却・結露させて取り除く「コンプレッサー式」と、水分を乾燥剤に吸着させて取り除く「デシカント式」があります。このうち、梅雨や夏に向いているのはコンプレッサー式です。


コンプレッサー式は、室温が25℃以上の場合に高い除湿効果を発揮します。それに加え、ヒーターを使わないので室温が上昇しにくく、気温の高い梅雨~夏に使うには最適なのです。


また、本体が大きくて値段が張っても問題なければ、コンプレッサー式とデシカント式の長所を併せ持った「ハイブリット式」を使うのもいいでしょう。こちらは周囲の環境に合わせた効果的な除湿が可能なので、1年を通して使用できます。



その他、製品によって除湿能力やタンク容量の違いがあるため、使用する場所や目的に応じたちょうどいいスペックの除湿機を使うことが大切です。「部屋を除湿できればいいのか、それとも洗濯物の部屋干しをしたいのか」「部屋干しは急ぎか、それともゆっくりでいいのか」といった点を考慮して、最適な除湿機を選びましょう。