HEMS(ヘムス)で消費電力を「見える化」し、節電につなげましょう

 

みなさんは、ご自宅のどこでどのくらいの電力・ガスを消費しているのか、そしてそれらが適切なのかについて考えてみたことはありますか? 詳しく把握して節電につなげたくても、面倒でやっていられないという方は多いでしょう。そのような時は、HEMS(ヘムス)を導入してみてはいかがでしょうか。


HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーの管理システムのことです。電気機器と接続し、それぞれの使用エネルギーをモニターなどで「見える化」します。つまり、どこでどのくらいのエネルギーを使っているかが一目でわかるようになるのです。



HEMSを活用すれば、ご自宅のエネルギー使用状況の無駄を把握でき、改善することで節電につなげられるでしょう。また、太陽光発電システムの設置されているご家庭なら、発電状況も把握できます。つけっぱなしや余計な出力での運転をしないよう、エアコンや照明を自動制御することも可能です。


そして何より、ご家族の節電意識が高まることで、消費エネルギーを削減できるでしょう。政府もエネルギー自給率のアップや環境保護などを目的として、2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することを目指しています。既存の住宅でも導入できるので、光熱費の節約や環境保護に興味のある方は、ぜひHEMSを活用してみてください。