夏の感電事故に注意!感電しないために気をつけるべきポイント

 

こんにちは。

愛知県内や近隣地域で電気工事を行っているK's電設です。



電気は毎日の生活に欠かせないものですが、間違った使い方をしていると感電事故につながることがあります。感電事故と聞いてもあまり身近に感じられない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は私たちの生活の中にも感電の危険は多く潜んでいるのです。さらに感電事故は夏場、特に8月に1番多く発生しています。感電のリスクを抑えるためにも、正しい知識を身につけて電気を扱うことが大切です。


今回は、夏場に感電事故が多い理由と感電事故を起こさないために気をつけるべきポイントをご紹介します。




■体に流れる電流の大きさと時間に注意!命に関わる感電の危険性


人が電気に触れると、その部分から電流が体に流れます。体に電流が流れることで起こるショックや障害を「感電」といいます。


冬にドアノブに触れた瞬間やセーターを脱ごうとした時にパチッとなる静電気も、実は非常に弱い感電のひとつです。電流が流れるおもちゃやテレビ番組で電流を流す罰ゲームもありますが、これらは一瞬ビリッとするだけで人体に大きな影響はありません。


感電した時に被害を受けるかどうかは、「体を流れた電流の量」「電流が流れた時間」「電流が流れた体の部位」で決まります。静電気やおもちゃは弱い電流のため軽いショックで済みますが、電流が強く体に流れている時間が長いと、呼吸機能や心臓に致命的な障害が起こり命に関わる可能性が高まります。




■汗や湿気に注意!夏場に感電事故が多い理由とは


感電や電気事故は夏に発生しやすく、経済産業省では8月を「電気使用安全月間」と定め、電気事故の防止や電気を安全に使用することを毎年呼びかけています。では、一体なぜ夏場に感電事故が増えるのでしょうか。


夏はシャワーや水まきなど水を使う機会が多くなり、濡れた手のまま別の作業をしてしまうことがあります。さらに夏場は湿気が多いことから、電気機器が漏電しやすくなります。こうしたことから、夏場は感電事故が発生するリスクが高まります。


電気機器に「濡れた手で扱わない」と注意書きがされているのを見たことがあるかと思います。水は電気を通しやすいため、水浸しのような状態だけでなく、汗や湿気などのちょっとした水気でも体内に電気が流れてしまう危険があります。


「普段から濡れた手で触らないよう気をつけているから大丈夫」という方でも、夏場は湿気が高く汗をかきやすいため、汗による水気で感電してしまうことも。さらに暑さによる疲労で集中力が低下し、充電しようと電源コンセントに濡れた手のまま触れるなど普段はしないようなミスが事故につながることも考えられます。


電気が流れると体の自由がきかなくなってしまうので、感電しても手が離せなくなり、電気が流れ続けて心肺停止となってしまうこともあるのです。夏に電気機器を扱う時には、水気に充分気をつけるようにしましょう。




■感電しないために気をつけること



感電しないためには、濡れた手でコンセントやスイッチ、電気機器などに触らないことが重要です。水気があるところでは電気を使用せず、洗濯機などの水を使う電気製品は必ずアースを付けて漏電に備えておきましょう。


コンセントの破損やプラグの傷みも感電につながる危険があります。普段からコードを引っ張ったり、コードを束ねたまま使ったりしないようにしましょう。また、最近ではスマホの充電ケーブルを挿しっぱなしにしている方も多くいらっしゃいますが、ケーブルに負荷がかかり劣化しやすくなります。劣化や破損したケーブルは放置せず、早めに新しいものに取り換えることが大切です。



電気は目に見えないので、いつどこに危険が潜んでいるかわかりません。「大丈夫」と油断せずに、普段から感電の危険に備えた行動を取るようにしましょう。