かき氷の日

 

こんにちは。

愛知県豊橋市を拠点に電気工事に携わっております、K's電設です。



梅雨明け目前?となっている東海地区ですが、暑くなってくると食べたくなる食べ物といえばどのようなものを思い浮かべられますでしょうか?

甘いシロップをかけて召し上がられる「かき氷」を思い浮かべられる方もいらっしゃるかと思いますが、今日はそんなかき氷の記念日。



別名夏氷ともいわれるかき氷ですが、夏氷を語呂合わせに当てはめると「7(な)2(つ)5(ごおり)」となり、夏真っ盛りの7/25にはかき氷をおいしく召し上がっていただけるとのことで今日、7月25日をかき氷の日に制定しているんだそうです。



かき氷の歴史は古く、平安時代の女流歌人である清少納言が枕草子の中で「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる」と詠っていることから平安時代にはかき氷が食べられていたといわれています。


しかしまだ冷凍庫などがない時代のため庶民に広まったのはもっと後の幕末。


氷の輸送も始まり、この幕末のことに日本で初めてとなる氷屋開業したんだそうです。

この氷屋の開業後、日本中に広まり、今のような夏の風物詩として定着してきました。



最近のかき氷はただ氷を削ってシロップをかけたものだけではなくハイブリット化していたり、スイーツのようになっているものなどもあります。



もちろん手軽にご自宅で暑さをしのぐために召し上がられるのもいいかもしれませんが、ちょっと贅沢なかき氷をお店で召し上がってみるのもいいかもしれませんね!



今日の豊橋市内は雷注意報が出ておりますが終日曇りの予想。

ただ最高気温が30℃を超えるという予報になっておりますので熱中症などならないように水分補給やこまめな休憩を忘れずにとってくださいね!