死者の日

 

数年前に話題になったディズニー映画のリメンバーミー。

これはメキシコの伝統的なお祭り「死者の日」がモデルになっているといわれていますが、今日11月2日がその死者の日(Dia de Muertos)なんだそうです。


今年は自由に海外に行けることができず、見に行きたくても見に行けないという方も多くいらっしゃるかと思いますが、どのようなお祭りなのかご紹介をさせていただきます。




死者の日は日本で言うところのお盆。

亡くなった個人を家族に迎えるためのお祭りなんだそうですが、日本とは少し違い楽しく死者を弔い思い出すという色が強いんだそうです。

そのためメキシコ各地のお墓はマリーゴールドで装飾されたり、ご家庭や教会広場など生活に密接した場所に設けられる花壇もお花やフルーツなどで華やかにしています。




またこれに加えてカラフルなパペルピカドというメキシコ風の切り紙もこの死者の日には欠かせないものになっており、ワイワイとにぎやかに死者を迎え入れているんだそう。



例年であればカトリーナメイクを施し、アステカの格好をした人たちや骸骨の被り物をしている人が街にあふれ、多くの観光客の方も訪れているということですが今年はそれも見ることができない状況になってしまっております。

映画リメンバーミーや007などでこの死者の日が登場するということだったので、行きたかったという方は今年は映画や写真などで楽しむのがいいかもしれません。


なかなか自由に行動できる範囲が限られてはおおりますが、リフレッシュや休養を忘れずに過ごしてみてくださいね!

それでは今月も頑張って参りましょう。