電話の歴史

 

おはようございます。

愛知県豊橋市を拠点に全国で電気工事に携わっております、K's電設です。



皆さんはいつごろから電話が使われだしたかわかりますでしょうか?




テレビや冷蔵庫、洗濯機は三種の神器として印象強い方も多いかもしれませんが、電話となるとなかなかいつだったかなという方も少なくないかもしれませんね。


電話機を発明したのはアレクサンダー・グラハム・ベルという方。

しかしこれには裏話があり、ベルが特許を申請した2時間後にイラシャ・グレイという方が特許を申請しており、早く出したベルの特許が通ったんだそうです。



さてこのようなお話をしたのも今日が「電信電話記念日」という記念日だからです。

これは今から149年前の明治2年に東京~横浜間の電信線架設工事を着手したことにちなむ日といわれているんだそうです。




この電信線架設工事に着手することがなければ、もしかすると今のように手軽に電話できるような感じにはなっていなかったかもしれませんね。


ご存知のように電話の歴史を調べてみるとだんだんと小型化、そして高性能に進化していっていることが見て取れます。

これから先どんな便利な電話になっていくのか楽しみです!



今日の豊橋市周辺の天気は曇り。

最高気温が20℃前後とそこまであたたかくならないみたいですので羽織るもの忘れずにお持ちください。